森本あんり その他の出版物 Other Publications by Anri Morimoto

「辞典項目」・「裏表紙推薦文」・「書評」・「大学関係評論」・「新聞記事・雑誌エッセイ」の順に並んでいます。

  1. 事典項目 Encyclopedia Entries

    1. International Encyclopedia of Political Science (Thousand Oaks, CA.: Sage Publications, 2011).
      • "Christianity" (Vol. 1: 232-235)

    2. 『キリスト教教育事典』(日本基督教団出版局、2010年)。
      • 「神認識」「人間観」

    3. 『宗教学文献事典』(弘文堂、2007年)。
      • 「コックス、ハーヴィ『世俗都市』」

    4. 新カトリック大事典』第3巻(研究社、2002年)第4巻(研究社、2009年)。
      • 「ニューイングランド植民地」、「ピューリタン」

    5. 『キリスト教辞典』(岩波書店、2002年)。
      • 「公民権運動」「市民宗教」「自由教会」「政教分離」「セイラムの魔女狩り」「明白な宿命」「北米先住民」「ニューイングランド植民地」「ピルグリム・ファーザーズ」「エホバの証人」「モルモン教」「ペンシルヴェニア植民地」「リバイバル」「カナダのキリスト教」「アーミシュ」「アドヴェンティスト」「『世俗都市』」「エドワーズ、ジョナサン」「グラハム、ビリー」「クー・クラックス・クラン」「ユニヴァーサリスト」「リンカーン、アブラハム」「チャニング、ウィリアム・エラリー」「半途契約」「ウィリアムズ、ロジャー」「ストウ、ハリエット・ビーチャー」「ソロー、ヘンリー・デヴィッド」「テレヴァンジェリスト」「ネイティヴィズム」、その他14項目。
      • この本を岩波書店で見る

  2. 裏表紙推薦文 Back Cover Endorsements

    1. Mikio Miyagi, Theology of Social Justice in Okinawa: Hope in the Midst of Calamity, 1945-1972 (Oxford: International Regnum Books, 2016).
    2. Richard J. Mouw and Douglas A. Sweeney, The Suffering and Victorious Christ: Toward a More Compassionate Christology (Grand Rapids, MI.: Baker Academic, 2013).
    3. Arata Miyamoto, Embodied Cross: Intercontextual Reading of Theologia Crucis (Eugene, OR.: Wipf and Stock, 2010)
  3. 書評 Book Reviews

    1. 限界から知る自由――運命の翻弄と高貴なる精神の静謐」、フリードリヒ・ヴィルヘルム・グラーフ、アルフ・クリストファーセン編『精神の自己主張――ティリヒ=クローナー往復書簡 1942-1964』茂牧人・深井智朗・宮崎直美訳、『図書新聞』3199号(2015年3月21日)、4面。
    2. S. T. Campagna-Pinto, The Workshop of Being: Religious Affections and Their Pragmatic Value in the Thought of Jonathan Edwards and William James, The Journal of Religion, Vol. 94, No. 4 (October 2014): 548-550.
    3. 宮本久雄・武田なほみ編著『あなたの隣人はだれか――現代における共生の行方』、『本のひろば』2012年10月号、16-17頁。
    4. 上坂昇『神の国アメリカの論理――宗教右派によるイスラエル支援、中絶・同性婚の否認』、「アメリカ学会会報」No. 170 (July 2009)、6頁。
    5. 北森嘉蔵『神の痛みの神学』新版、『本のひろば』2009年5月号、2-3頁。
    6. アリスター・マクグラス編『キリスト教神学資料集・上』古屋安雄監訳、『キリスト新聞』2007年5月26日号、3面。
    7. 藤本茂生『子どもたちのフロンティア――独立建国期のアメリカ文化史』、『西洋史学』223号(2007年2月)、63-65頁。
    8. ヤロスラフ・ペリカン『聖書は誰のものか――聖書とその解釈の歴史』佐柳文男訳、『週間読書人』2006年5月19日号、4面。
    9. 香山洋人編『聖公会神学――アジアからの再検討』(日韓聖公会神学会論文集1)、『福音と世界』2006年5月号、52-53頁。
    10. 深井智朗『超越と認識――二〇世紀神学史における神認識の問題』、『日本の神学』44号(2005年9月)、183-188頁。
    11. 栗林輝夫『キリスト教帝国アメリカ――ブッシュの神学とネオコン、宗教右派』、『キリスト新聞』2005年8月27日号、4面。
    12. 宮平望『現代アメリカ神学思想――人権・平和・環境の理念』、『本のひろば』2005年2月号、14-15頁。
    13. 西谷幸介『宗教間対話と原理主義の克服――宗際倫理的討論のために』、『形成』2004年12月号、12-14頁。
    14. George M. Marsden, Jonathan Edwards: A Life, The Journal of Presbyterian History, vol. 81 (2003): 275-276.
    15. 大木英夫『時の徴』、『本のひろば』2001年3月号、4-5頁。
    16. 稲垣良典『神学的言語の研究』、『日本の神学』39号(2000年)、151-58頁。
    17. 芳賀力『物語る教会の神学』『救済の物語』、『日本の神学』37号(1998年)、100-105頁。
    18. 鼎談「神の前にある『人間』とは誰か――女性の日常経験に裏付けされた視点による『キリスト教神学事典』」、『本のひろば』1998年11月号、4-11頁。
    19. エーミル・ブルンナー『教義学2』(ブルンナー著作集第3巻)佐藤敏夫訳、『本のひろば』1998年2月号、4-5頁。
    20. 坂口ふみ『個の誕生--キリスト教教理をつくった人々』、『福音と世界』1997年9月号、35-37頁。
    21. ローズマリー・ラドフォード・リューサー『性差別と神の語りかけ』小檜山ルイ訳、『福音と世界』1996年6月号、42-44頁。
    22. ジョナサン・エドワーズ『イエス・キリストの卓越性』飯島徹訳、『本のひろば』1994年3月号、26-27頁。
    23. ゴードン・カウフマン『核時代の神学』東方敬信訳、『本のひろば』、1989年11月、16-17頁。
  4. 大学関係評論 On University Administration

    1. 「日本のリベラルアーツ教育の元祖として『地球市民』を育成」、『週刊東洋経済』(2016年5月25日臨時増刊号)、76-77頁。
    2. 大学の教養教育を考える」、杉万俊夫京都大学人間環境学研究科副研究科長との対談、『人環フォーラム』(京都大学人間・環境学研究科)33号(2013年12月)、2-17頁。
    3. ICUの教育組織改革――リベラルアーツにふさわしい制度を」、IDE大学協会編 『IDE 現代の高等教育』550号(2013年5月)、45-49頁。
    4. ICT活用による自発的学習者の育成」、私立大学情報教育協会編 『大学教育と情報』Vol.20 No.1(2011年6月)、19-21頁。
    5. "Theological Reflection on Campus Ministry: Our Context and Beyond," Quest: An Interdisciplinary Journal for Asian Christian Scholars, vol. 3, no. 2 (November 2004): 101-112.
    6. "Honoring the Plurality among Pluralisms: Different Models of Pluralism for Christian Higher Education in the Context of Globalization," ACUCA Exchange, Vol. X, No. 2 (November 2000): 68-75.
    7. "Ten Commandments for Christian Leaders of 21st Century Asia," "Moral Dilemmas Facing Christian Leaders of 21st Century Aisa," ACUCA Exchange, Vol. X, No. 2 (November 2000): 156-172.
    8. "Critical Reflections on Current Campus Ministry in Asia: Finding a New Paradigm Toward the 21st Century," ACUCA Exchange, Vol. X, No. 1 (August 2000): 113-119.
    9. "Christian Higher Education in a Pluralizing Society: A Japanese Response," ACUCA Exchange, vol. IX, No. 2 (December, 1999): 59-64.
    10. 宗教系私立大学の使命――ICUの場合」、民主教育協会編 『IDE 現代の高等教育』410号(1999年8月)、57-62頁。
    11. ICU理念検討委員会(編集・翻訳)『ICUのキリスト教理念――最終報告と解説』(国際基督教大学、1994年)。
  5. 新聞・雑誌・エッセイ・対談など Newspaper Articles, Magazine Essays, Interviews, etc.

    1. 「君の名は」、日本文藝家協会編『ベストエッセイ 2016』(光村図書、2016年)、318-322頁。
    2. 1947年の祈り」、「オピニオン&フォーラム」、朝日新聞、2016年5月5日。
    3. アメリカ大統領選トランプ現象・反知性主義の伝統」、「世界宗教地図」、中外日報、2016年4月27日。
    4. 「トランプ旋風に見るアメリカの反知性主義」、「TIME LINE 今日のニュースと考えるヒント」(小田嶋隆による電話インタヴュー)、TOKYO FM 放送、2016年3月3日。
    5. イスラムの神学者はどこにいるのか――パリ同時多発テロを受けて」、『信徒の友』2016年2月号、38-39頁。
    6. 「トランプ現象が仄めかす反知性主義の危うい未来」、中山俊宏との対談、『中央公論』2015年12月号、36-43頁。
    7. 「大学教育と反知性主義」、『2016年の論点100』(文藝春秋オピニオン、2015年)、208-209頁。
    8. 「憲法制定時の決意尊ぶべき」、キリスト新聞「戦後70年企画連続インタビュー」、2015年10月10日号、1面。
    9. 『超・反知性主義入門』刊行記念企画、その1『三田線に轢かれかけた「スタンド・バイ・ミー」』、その2『「信仰」って、ライフスタイルのことかもしれない』、小田嶋隆との対談、日経ビジネスオンライン、2015年9月16日、9月24日。
    10. 反知性主義――論ずるなら腹を括ってからにしろ」、特集「私の「反知性主義」的考察」、『正論』2015年9月号、326-327頁。
    11. 「法王に被爆地支援要請――心の奥で許し請う」、「信濃毎日」、「福井新聞」、「千葉日報」など22紙。2015年8月8日。
    12. "B-29 pilot asked pope to support Nagasaki atomic bomb victims," The Japan Times, August, 8, 2015.
    13. 「反知性主義を鍛え直す」、オピニオンサイト "iRONNA"、2015年8月6日。
    14. 君の名は」、『群像』(講談社)2015年8月号、172-173頁。
    15. カントの先験的悟性概念、または、あなたってほんと何見てるの? について」、『一冊の本』(朝日新聞出版)2015年7月号、31-33頁。
    16. 自由と恩寵」(リヒャルト・クローナー)、「反知性主義に陥らないための必読書50冊」、『文學界』(文藝春秋社)2015年7月号、217頁。
    17. アメリカを動かす『反知性主義』の正体」、「キーパーソンに聞く」、日経ビジネスオンライン、2015年4月24日。
    18. 「反知性主義と半知性主義」、竹内洋との対談、『新潮45』2015年5月号、58-67頁。
    19. 「過去との遭遇」、『図書』2014年11月号、6-10頁。
    20. 「変わりゆく時代と若者に聖書は必要か」、安積力也・島田真澄との鼎談、『サインズ オブ ザ タイムス』、2014年1月号、2-11頁。
    21. キリスト教と同性婚――アメリカ連邦裁の違憲判決が示すもの」、中外日報、2013年8月1日。
    22. 平和を求める日本の決意」、『信徒の友』(2013年8月号)巻頭言、12-13頁。
    23. 米南部バプテスト連盟に初の黒人議長誕生」、『キリスト新聞』 2012年8月18日号、2面。
    24. 森有正を読むということ」、『季刊創文』No.2(2011年夏号)、12頁。
    25. 「無冠の権威」、『こまが廻り出した』斎藤眞先生追悼集刊行委員会(東京大学出版会、2011年)、340-345頁。
    26. アメリカ史左右する宗教」 日本経済新聞読書欄 「今を読み解く」、2010年12月12日。
    27. 連載「時事評論・現代を読む」、Ministry

    28. 「無神論の黄昏」(アリスター・マクグラスとの対談)、Ministry (Spring 2009)、56-62頁。
    29. 連載「論壇」(「キリスト新聞」、1面)

    30. 「『ダ・ヴィンチ・コード』 の背景――フィクションとノンフィクション」、『キネマ旬報』 臨時増刊号 No.1458(2006年6月6日)、48-51頁。
    31. 連載『信徒の友』「キリスト者として生きる――現代社会の座標軸をもとめて」

    32. 「山は海の真中に移るとも」(「聖書・呼びかける言葉」)『婦人之友』2006年1月号、64-67頁。
    33. 「他宗教を尊ぶキリスト教とは――宗教は平和を妨げるものか」、『信徒の友』2004年3月号、16-19頁。
    34. 「内村思想の『指紋』」、『図書』(2002年6月)16-19頁。
    35. 「誰もが一度は聞いてみたい18の質問」、『キリスト教がわかる。』AERA Mook No. 80(朝日新聞社、2002年5月)99-104頁。
    36. 「大拙を知らぬ者は大拙を語れるか」、『鈴木大拙全集』26巻「月報」(岩波書店、2001年11月)、5-8頁。
    37. 「異文化理解・対話の限界を自覚しよう」、朝日新聞「私の視点」2001年4月19日。
    38. 「現代日本のキリスト教と同性愛――差別か不可侵規範か」、『中外日報』1998年4月7日。
    39. 「アメリカのキリスト教を読む」、『福音と世界』、1993年2月号、46-48頁。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP