Edwards Chronology

エドワーズ略年表


生涯の出来事 執筆や出版 時代と周辺
1675

フィリップ王戦争(-76)
1688

英国「名誉革命」
1701

イェール大学創立(「見聞録 7 」)
1702

アン女王戦争 (-13)
1703 10月5日コネチカット州イースト・ウィンザーで父の牧師館に生まれる(「見聞録 5 」)

1706

ベンジャミン・フランクリン生まれる
1710

セアラ・ピアポント生まれる
1716 イェール大学入学(13歳少し前)(「見聞録 8 」)

1719
「昆虫について」(「見聞録 6 」)
1720 学部を首席で卒業

1721 回心体験 「原子について」「存在について」などの自然哲学論考を執筆開始
1722 大学院修了、ニューヨークの長老派教会へ 「研究ノート」「入手希望図書録」を執筆開始
1723 ニューヨークからイーストウィンザーへ戻る 「心について」を執筆開始
1724 イェールで講師をつとめる 「聖書注解ノート」を執筆開始
1726 母方の祖父ストダードの牧するノーサンプトン教会に赴任

1727 受按、セアラ・ピアポントと結婚(「見聞録 11 」)
10月29日地震
1729 ストダード没、主任牧師となる(「見聞録 10 」)

1731 ボストン講演「贖いの業において栄化される神」

1734 ノーサンプトン信仰復興 (-35)(「見聞録 12 」) 「信仰義認論」
「神的で超自然的な光」
ブレック事件 (-35)(「見聞録 14 」)
1737
『誠実な報告』
1738
『愛徳とその果実』
1739
「贖いの業の歴史」
1740 「大覚醒」(-41)(「見聞録 13 」)
ホイットフィールド来米
1741 7月8日エンフィールド説教

1742 セアラの神秘体験 『神の霊の弁別的な徴』
1743
『信仰復興に関する若干の考察』
1744 「悪書」事件(「見聞録 16 」)
ジョージ王戦争(-48)
1746
『宗教的情感論』 ニュージャージー(プリンストン)大学創立
1747 ブレイナードとの交流(「見聞録 15 」) 『謙虚な試み』
1749
『ブレイナードの生涯』
1750 陪餐資格論争の末、教会を解任される(「見聞録 17 」)

1751 ストックブリッジの先住民村落に赴任(「見聞録 18 」)

1752

英国でついにグレゴリオ暦が採用される
1754
『自由意思論』 フレンチ・インディアン戦争始まる(-63)
1755
「創造の目的」「真の徳」草稿 リスボン大地震
1757 ニュージャージー(現プリンストン)大学第3代学長に選任される(「見聞録 19 」)
9月24日娘婿で第2代学長のエアロン・バー没
1758 1月16日プリンストン着任、2月23日種痘、3月22日没、大学の「学長墓地区画」に葬られる 『原罪論』 1月27日父ティモシー没、10月2日妻セアラ没
1776

アメリカ独立革命