重要なお知らせ

2021年春、秋の特別展は開催中止いたします (2021.4.8)
  • 2021年4月以降も大学の学外者入構禁止が継続されるため、大変残念ながら春並びに秋の特別展は開催を中止し、引き続き臨時閉館いたします。再開館は 2022年1月の予定です。
  • 特別展開催中止に代わり、今後は常設展示や所蔵品紹介等のウェブコンテンツを制作、公開していく予定です。
  • なお、閉館中は、お電話での対応も休止させていただきます。[詳細はこちら] 緊急の場合は、メールにてお問い合わせください。(museum-office◆icu.ac.jp [◆→@])
  • 当館は7月21日(水)~8月3日(火)まで夏期休業となります。
    期間内はお問い合わせへのご返答にお時間を頂きますので、予めご了承ください。

  • ICUの学生、教職員の方は、学内関係者用の利用案内も併せてご覧ください。(閲覧にはICU Net IDが必要です)学内関係者用ウェブサイト

お知らせ

マスコットキャラクター「湯浅のどぐうちゃん」紹介ぺージを公開しました(2021.7.16)

湯浅記念館のマスコットキャラクター「湯浅のどぐうちゃん」(愛称・どぐうちゃん)の紹介ぺージを公開しました。[こちらからご覧ください]
ウェブサイト内や、動画コンテンツのサムネイルなど、様々なところで活躍中です。ぜひお探しください。

またどぐうちゃんは、インターネット・ミュージアム様にて開催中のミュージアムキャラクターアワード2021にも参加しております。応援のほど、よろしくお願いいたします。


第111回公開講座「疫病は江戸時代にどう描かれたか」の録画動画を公開しました(2021.5.24)

2021年1月30日(土)のオンライン公開講座「疫病は江戸時代にどのように描かれたか」の録画動画を公開しました。講演中に頂戴した質問(全25問)へのスティール先生による回答集(PDFデータ)も併せて公開しております。ぜひ今一度ご覧ください。[詳細はこちら]

動画「学芸員の裏側 ウェビナー篇」を公開しました(2021.5.13)

2021年1月30日(土)のオンライン公開講座「疫病は江戸時代にどのように描かれたか」開催時の館内の様子を紹介する動画「学芸員の裏側 ウェビナー篇」(2021年、学生により制作)を公開しました。[詳細はこちら]

湯浅記念館の特集記事が公開されました(2021.2.2)

本学の各施設を同窓生二人が訪ねる特集記事の第一回として、湯浅記念館が取り上げられました。当館学芸員が開館の経緯や学芸員カリキュラム、また特別展の裏側等もご案内しています。
[こちらからご覧ください]

過去のお知らせ(クリックで展開)

林先生による考古展示解説動画を公開しました(2021.4.30)

本学で考古学の教鞭を執る林徹先生による、当館考古展示室での考古資料解説動画「おしえて!林せんせい①②③」(2008年、学生により制作)を公開しました。[詳細はこちら]

オンライン公開講座 開催いたします(2021.4.16)

5月29日(土)にオンラインで公開講座「ICUの考古学」を開催いたします。どなたでも無料でご参加いただけます。ぜひご参加ください。[詳細はこちら]

泰山荘の紹介動画を公開しています(2020.10.16)

今年度特別公開中止に代えて、国登録有形文化財「泰山荘」の各建物をご案内する動画を制作しました。[こちらからご覧ください]

オンライン公開講座 申込受付を開始しました(2020.10.8)

本年2月に開催中止となった公開講座を、10月31日にオンラインにて再び開催いたします。どなたでも無料でご参加いただけます。ぜひお申し込みください。[詳細はこちら]

今年度泰山荘特別公開を中止いたします (2020.9.9)

今年度の泰山荘特別公開は中止いたしました。[詳細はこちら]
公開中止に代えて、今後は泰山荘に関するデジタルコンテンツを公開する予定です。

館内紹介動画 英語版を公開しました (2020.9.3)

7月公開の館内紹介動画の英語ナレーション版を公開しました。[こちらからご覧ください]

特別展ギャラリーツアー動画を公開しました (2020.8.11)

中止された特別展「よみがえる宮古島の祭祀」の展示を解説するギャラリーツアー動画(全3巻)を公開しました。[こちらからご覧ください]


「おうちミュージアム」に参加しています

当館は、北海道博物館主催の「おうちミュージアム」に参加しています。
皆様におうちで湯浅記念館をお楽しみいただけるよう、展示解説動画や特別展特設ぺージなど、各種コンテンツを配信しております。[詳細はこちら]

おうちミュージアム とくべつにオープン!

「おうちミュージアム」に以下のコンテンツを追加しました

湯浅記念館だより

泰山荘紹介動画を作成しました(2020.10.16)

国際基督教大学の敷地内には、建学以前の1936(昭和11)年ごろ実業家・山田敬亮が建設した茶室付き別荘「泰山荘」が保存されています。

泰山荘を構成する建造物の多くは移築されたものであり、その中でも「高風居」の一室をなす「一畳敷」は、北海道の名付け親として知られる松浦武四郎によって130年以上も前に造られました。

この「高風居(一畳敷を含む)」に加え、「書院」「待合」「蔵」「車庫」「表門」の6つの現存する建物すべてが国登録有形文化財になっています。

2020年度の特別一般公開は残念ながら中止となりました。代わって動画で各建物をご案内します。例年の現地ツアーでは見られない室内のシーンも掲載。ぜひお楽しみください。

▷過去のお知らせ